イベントボスの倒し方~⑤対陸上型のいろは

author photo

By浦之

艦これイベント初挑戦、丙挑戦提督の皆さん、おはこんばんちわ!
弱提督の浦之です。
前回の対潜戦闘に引き続き、今回は対陸上型深海棲艦について勉強します。
陸上型深海棲艦は、装甲値と耐久値が非常に高く仕様(陸上特効)を理解しないと倒すことが難しいです。
しっかりと勉強していきましょう。



目次

①陸上型深海棲艦の特徴
②対陸上型深海棲艦のダメージ計算
③陸上特効装備とその倍率
④過去の陸上型深海棲艦のデータまとめ
⑤まとめ



クリックで記事内当該箇所へ飛びます。




陸上型深海棲艦の特徴

陸上型基本


陸上型の特殊なところは、こちらの艦娘達の雷装を無視してくることです。
後のダメージ計算の項で詳しくまとめますが、夜戦でも基礎攻撃力が火力+雷装ではなく火力のみになり、重巡や雷巡の夜戦での爆発力がなくなります。


また、昼砲撃戦において艦爆を装備した空母系の艦娘は陸上型の敵を攻撃できません
敵艦隊に陸上型しかいない状態では攻撃順が飛ばされます。
ただし、開幕航空戦における艦爆の爆撃は陸上型にも有効です(むしろ特効がある場合もあります)。
また、ボスが陸上の場合随伴艦の掃討を目的に空母系に艦爆を装備し、特効装備(後述)を装備させた艦娘の攻撃を陸上型に集中させやすくしたりもできます。


さらに、損傷状態の表記も水上艦の小破中破大破撃沈とは異なり、混乱損害損壊破壊となります。
空母系と同じように中破に当たる損害状態で昼砲撃戦に参加しなくなります。


また、艦娘に持たせることで火力を何倍にも増幅させる陸上特効装備というものがあり、雷装が無効化される仕様も相まってこれをどのように艦娘に装備させるのかが陸上型撃破の重要なポイントとなります。
では、陸上特効補正を含んだ対陸上型のダメージ計算を見ていきましょう。




対陸上型深海棲艦のダメージ計算

陸上型ダメージ計算


今まで通り、ダメージは攻撃力から敵防御力を引いたものになります。


一方で陸上型に攻撃する際の攻撃力(対地攻撃力)は
火力×陸上特効補正+WG42加算補正)×集積地特効補正×徹甲弾特効補正
となります。

しかし多くの初心者提督さんは陸上特効装備を三式弾しか持っていないと思うので(私もです)、基本的に
火力×250[%] (×陣形補正×交戦形態補正×損傷補正)
が攻撃力になると思っていてOKです。


ここで火力キャップ(攻撃力上限、これを超えた分の攻撃力は切り捨てられる)というもの存在によって少し計算が面倒になります…
昼砲撃戦の火力キャップは180
夜戦の火力キャップは300
です。

本当は切り捨てではなくて火力キャップ値+√(火力―火力キャップ値)ですがまあ気にしないでいいです。

上の図の式でピンクで囲われてる部分(集積地特効補正と徹甲弾補正をかける前の部分)はこの火力キャップの影響範囲内なので
いくら大きくなっても昼砲撃戦では180、夜戦では300で切り捨てられます。


例を出して説明すると、港湾夏姫に対して図の条件で攻撃したときの対地攻撃力は、
150×180[%]×108[%]
で表されます。

ここでざっくりとした計算するには
徹甲弾補正前の攻撃力が火力キャップ値を超えるか考えて、
②それに1.1をかけます(徹甲弾補正108%は大体110%ですよね)


今回、
昼砲撃戦は明らかに180を超えるので180×1.1=180+18≒200
夜戦は超えなさそうなので150×1.8×1.1≒150×2=300
となります。
正直これくらいざっくりとした計算で十分だと思います。

この例の場合をある程度真面目に計算すると
昼砲撃戦での徹甲弾補正前の攻撃力は180
夜戦での徹甲弾補正前の攻撃力は270
そのあとに徹甲弾補正の108[%]をかけるので、最終的な対地攻撃力はそれぞれ
昼砲撃戦で194
夜戦で291
になります。


陸上型の敵に対するダメージ計算が少しややこしいのは、敵の種類によって特効装備やその補正倍率が異なるからです。
これは正直覚える必要は全くないのですが(最後の表を見れば事足ります)、主な敵に対する特効装備とその補正倍率くらいは紹介しておこうと思います。

少し用語のお勉強をすると、ピンク色の枠の部分の火力キャップの影響範囲内でかかる補正のことを一般的にキャップ前補正と呼びます。
上の図では火力キャップの影響範囲内にある補正(キャップ前補正)を橙色で表していて、ピンクの枠の外にある火力キャップの影響範囲外にある補正(キャップ後補正)を水色で表しています。





陸上特効装備とその倍率

特効装備

陸上型の敵は
ソフトスキン型とトーチカ型、集積地型、それ以外、に分かれます。
ぶっちゃけトーチカ型と集積地型はそれぞれ沿岸砲台小鬼と集積地棲姫しかいないので
ソフトスキン型砲台小鬼集積地棲姫それ以外です。

それぞれに対する特効装備とその倍率は図の通りです。
こうしてみるとWG42の万能さが浮き彫りになりますね…欲しい

中でも覚えておいて損をしないのは
三式弾はソフトスキン型と集積地棲姫に250%の特効
砲台小鬼には大発系徹甲弾が大きな特効

だと思います。

しかし、最近のイベントに登場する陸上型のボスたちは、それぞれが異なった特効装備と倍率を持っているため、覚えることは難かしいです。
そこで表に今までに登場した陸上型の耐久と装甲、それぞれの特効装備の補正倍率をまとめました。



過去の陸上型深海棲艦のデータ一覧

過去登場陸上系まとめ

ダメージ計算でやったピンク色の枠の中でかかる補正には橙色の背景を、枠の外でかかる補正には水色の背景を付けてあります。


こうしてみるとどの敵もすごい耐久力です。
特に種別不明のイベントボス級の敵は丙作戦においても装甲が150を超えており、昼砲撃戦ではまともに装甲を抜いたダメージを与えられません。
にもかかわらず耐久も500を超えてくるのですから、とんでもないですね。


陸上型には普段のフィニッシャーである魚雷カットイン駆逐艦や雷巡、重巡の攻撃がまともに通りません。
そのため
三式弾を持たせた純粋な火力の高い戦艦
二種類の陸上特効装備を持たせた重巡(と4スロ軽巡の大淀)

対陸上型のフィニッシャー枠となります。

フィニッシャー艦が敵の装甲を抜ける火力を持っているのか、ざっくりとでもいいので計算をして、装備を決めてあげましょう。


まとめ

以上をまとめると
陸上型には雷装艦爆を装備した空母の砲撃無効
対地攻撃力はざっくりと(火力×陸上特効+WG42特効)×徹甲弾特効110%
イベントボスへの特効装備とその倍率は先行勢の報告待ち

でしょうか。


メンテ終了ギリギリになってしまいました…
いよいよ夏イベが始まります。

17夏イベント、丙で完走するぞー!

お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
Share

Comments 1

MAT  

いつも楽しんで拝見しています

今回は陸上型という難しいテーマだったんですが、良くここまでまとめたなぁと感じました。
お疲れ様でした。
気になった点はこんだけです。

・「砲撃戦時の空母の雷装値」も無効です。
(ですので、空母に関しては「特効でもない限り」艦爆入りで随伴艦おとしに専念してもらうのが
ベターな戦術になります。)

・陸上型の一覧表に「いわゆるハードスキン型」について言及があったりなかったりする。
(言及あるのは過去の陸上型深海棲艦のデータ一覧のみですが……。)

2017/08/11 (Fri) 21:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply