FC2ブログ

スポンサーサイト

author photo

By浦之

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

艦これ17秋イベ 丙攻略反省会~18冬イベに向けての課題(イベント準備)

author photo

By浦之

みなさん、お久しぶりです。
そしてなんとなんと、もう明けましておめでとうございますなのですね…
相変わらず大手ブログさんの隙間に生息するニッチなブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

さて、みなさんの17秋イベの戦果はいかがだったでしょうか?
私は無事、乙作戦で海域を突破することができましたー!
17春未完走、17夏丙完走、ときて、順調に作戦難度をあげて行くことに成功しています。
また、以前まとめた丙挑戦最低限の艦娘・装備で丙作戦のボスに一度は挑戦するという試みにも挑戦し、良い手応えを得ることができました。
これらの成果を鑑みて、(堀りは十分に行えなかったものの(秋月ェ…))概ね大成功と言ってもいい作戦になったのではないかと思います。

丙作戦挑戦の目安としては、今回のイベントを経て少々直さなくてはならないと感じたところもありますが、概ね問題なかったと思います。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~①最低限必要な艦種とその練度の目安
今からでも丙でイベントに挑みたい!~②最低限必要な装備とその数の目安

海域の感想としては、今回は結構艦これの基礎…というかシステムを理解していないと、特定の装備が無いと突破ができないようなデザインだったのでなかなか難しかったと感じる方も多かったのではないかと。
今回も夏に引き続き、反省点をまとめていきますので各自冬イベに向けて対策していって頂ければと思います。

基本的に17夏イベ反省会からの流用ですが、一部変更しております。
17夏イベ反省会をお読みになった方も、自分がどの程度夏後から成長したかを感じる良い機会になるのでは無いでしょうか。

艦これはイベントが終了した瞬間から次のイベントが開始されているとも言います。
実際に私も17春の後すぐに積極的に動き始めましたが、通常海域開放に装備の開発、基礎知識の勉強に資材の備蓄、艦娘達のレベリングと本当にやることが多く、大変だったことを覚えています。


せっかく参加したのですから、秋イベを振り返って2月ごろに控えている艦これ1期最後を飾る18冬イベや、2期以降のイベントに向けて艦隊強化の目標を立てていきましょう!

というわけで軽く次回のイベント準備のためのチェックシートのようなものを作成しました。
詳しくは目次をどうぞー



目次

今回の記事は5つの項に分かれてそれぞれの設問を用意しました。
かなり長くなってしまったので、各提督さんが
あ、これ自分に当てはまりそう
という項目だけ読んでいただければと思います。

それぞれの項目をクリックすると記事内該当箇所へジャンプするようになっています。
バナー


17秋イベ 捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)  感想戦―項目リスト

①艦娘・艦隊関連艦娘艦隊

②装備・改修関連装備改修

③資材・備蓄関連資材備蓄

④イベント情報関連方法

⑤その他その他

⑥まとめまとめ




各項目では
丙でのイベント完走を目指す提督さんと
完走はできたけどもう少し上を目指したい!という提督さん向けにそれぞれ分けて設問を用意していきます。
また、前回のイベント反省会から大幅に内容が変わった項目には先頭に◯を付けておきます。


艦娘・艦隊関連

目次へ戻る

丙完走を目指す提督さん向け

足りない艦種はいなかったか?
魚雷カットインを任せられる艦娘は足りたか?
イベント中に遠征を任せられるキラ付けの済んだ駆逐艦は足りたか?
近代化改修の済んでいない艦娘はいなかったか?



丙完走より上、もしくはもっと楽に完走を目指す提督さん向け

◯ルート固定要因となった史実艦は足りたか?
先制対潜を任せられる艦娘は足りたか?
掘りで周回する際の低燃費艦は足りたか?
大発動艇を装備可能な艦娘は足りたか?
艦娘の練度、及び改二実装艦については改装は十分だったか?
装甲空母は着任していたか?
明石は所持していたか?





足りない艦種はいなかったか?

イベント前に十分な時間が取れなかった、もしくはイベント直前に艦これを始めた・再開した提督さんは艦娘の数自体が足りなかったと感じるのではないでしょうか。

イベントではボスマスにたどり着くためのルートを決める艦娘(艦種)や、海域への出撃制限(連合艦隊、お札)もあるために一部の艦娘(例えば戦艦や正規空母)しか育っていないと非常に厳しい戦いを強いられます。

過去記事でイベント丙完走を目指す提督さん向けに最低限これだけはそろえておいて欲しい、という艦娘をまとめていますので参考にして、次回のイベントに向けて艦隊を強化していってください。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~①最低限必要な艦種とその練度の目安
上記はイベント前直前の目安のため甘めの線引きになっていますので余裕があるようでしたら他サイトさんも参考にしていただければと思います。
艦娘・艦隊関連一覧に戻る




魚雷カットインを任せられる艦娘は足りたか?

17秋イベは最終海域が払暁戦という夜戦から始まる特殊な海域だったので、あまり魚雷カットインの不足を感じる方はいなかったかもしれません。
しかしE3の防空棲姫やE2の重巡棲姫など、装甲の高い敵を相手取る通常の戦闘において魚雷カットインは強力な攻撃手段だったと思います。
17冬イベにおいても陸上型のボスの存在などが予想されていますが、そこに至るまでの海域等でも十分フィニッシャーとしての働きが期待できます。

対ボス戦の主なフィニッシャーとしては雷巡のほかには魚雷を満載した魚雷カットイン艦が頼りになります。

過去記事にまとめていますが、運のステータスが高い艦娘は魚雷を2つ以上装備することで夜戦において強力な必殺技を確率で発動させることができ、これを魚雷カットインと呼びます。
イベントボスの倒し方~②夜戦のざっくりダメージ計算と昼戦との違い
イベントボスの倒し方~補講②夜戦の連撃、カットインについてちょっとだけ詳しく
詳しくは上記を参照して頂きたいですが、魚雷カットイン艦として扱われるのは主に
雪風改、初霜改二、時雨改二、綾波改二、妙高改二
です。
以上の艦は非常に重要になりますので育ておくことでイベントでのボス撃沈の任を担ってくれることでしょう。
魚雷カットイン発動率黒板

艦娘・艦隊関連一覧に戻る




イベント中に遠征を任せられるキラ付けの済んだ艦娘は足りたか?

イベントでは提督ごとに使える時間いっぱいまでイベント海域に出撃することになると思います。
また出撃する艦隊や支援艦隊などにもキラ付けをする必要がある場合もあります。

時間のない中、遠征用の艦娘にキラ付けを行うのは普段よりも大きなストレスを伴う作業になるかと思います。
しかし資材・備蓄の項でも述べますが、艦これの本質は兵站の管理です。
イベント中にキラ付け遠征を行えるかどうかは鎮守府の継戦能力に直接響いてくる極めて重要な要素になります。

以上の理由から、イベント前の時間のあるときにできる限りキラ付けを行ってキラのついた艦娘をストックしておくことをおススメします。

具体的には、改装し、(火力、魚雷、)装甲の近代化改修済ませたLv20で改装が可能な駆逐艦をできる限り用意して、3重キラ付け(1-1を1隻だけで夜戦をせず、3周すること)をそれぞれに行っておくことです。
これだけでイベント中にかなりの時間を節約することが出来ます。

母港の拡張は課金の絡む要素ですので絶対にやるべき!とまでは言えませんが、それぞれの提督さんごとにできる限りで用意することをおススメします。
私も夏イベではキラ駆逐艦のストックが足りなかったので3-2-1を周回して駆逐艦たちの大改装祭りをしました。
艦娘一覧_20170916-201515985
これでも私は足りませんでした…
艦娘・艦隊関連一覧に戻る




近代化改修の済んでいない艦娘はいなかったか?

練度が上がっても近代化改修が済んでいない艦娘は本来の力を発揮することが出来ません
艦娘を育てるうえでの最重要課題といえますので、必ず近代化改修は火力・雷装・装甲をMAXにするまでは行いましょう。

また、対空値は軽視されがちですが、艦隊の防空装備が整っていないうちは艦娘の素対空に防空を任せることになりますので、軽空母・正規空母はある程度まとめて対空の上がっていない艦娘の近代化改修に使ってあげることをおススメします。

また、レベリングに時間を割き、多くの艦娘を一気に育てた場合には近代化改修用の艦娘(艤装提供元の艦娘)が足りなくなるかと思います。

3-2-1ではレベリングだけでなく重巡や戦艦のドロップが多く、近代化改修用の艦娘も揃えやすいためにここまでは海域を開放することを優先するのもよいでしょう。

また、近代化改修で強化されたステータスは改装をすると元に戻ってしまうため、Lv20程度で改装が待っている艦娘については改装前に近代化改修をする必要はないと思います。
飛龍比較
右の飛龍は改装がすんでおり練度も倍以上ですが、火力の近代化改修が進んでいないため左の飛龍と同じだけの攻撃力しか発揮できません。
一方で装甲の値は近代化改修が進んでおり、防御力では倍近く優れていることがわかります。

艦娘・艦隊関連一覧に戻る




ルート固定要員となった史実艦は足りたか?

今回はE1から史実艦となる志摩艦隊の艦娘達が要求され、E3では栗田・小沢艦隊が、E4では栗田・志摩(札)・西村艦隊といった艦娘達がルート制御、また史実艦特効持ち艦娘として要求されました

イベントごとにこういった艦娘は設定されていることが多く、これらの艦娘の有無で難易度が大きく変わることも考えられます。
実際にE4丙では敵の装甲を抜くために史実艦特効を有する扶桑山城の弾着観測射撃に頼るのが最も確実性の高い戦術だったかと思います。

艦これのイベントは史実をもとにした作戦と、想像上のIF作戦がありますが、史実がある場合には史実艦、IF作戦でもそのもとになった史実作戦の関係艦などがこれに当たります。

17冬イベはレイテ沖海戦の後編ということで、今回と同等かそれ以上に史実艦の要求が厳しくなることが考えられます。
栗田・鈴木・小沢・西村・志摩艦隊の面々を各々
主力艦(戦艦・空母・重巡)を最低2~3隻
随伴艦(軽巡・駆逐)を最低2隻
ずつ程度練度40程度までは育てておくと編成の段階から追い詰められてしまう、ということは減るかと思います。

18冬イベで必要になりそうなレイテ参加艦一覧とその入手先-所持チェックリスト

普段のイベントではイベント予告段階で発表される、イベントバナーに登場する艦娘は育成しておくと活躍してくれることが多いようです。
今回のバナーです
史実艦バナー


艦娘・艦隊関連一覧に戻る




先制対潜を任せられる艦娘は足りたか?

今回のE1は久しぶりに(私は初めてでした)潜水艦がボスではない海域でした。
しかしながら、E1・E2・E3・E4と全ての海域において対潜戦闘を強いられたイベントで、対潜装備と対潜艦の充実が益々重要になってきていると感じました。
対潜攻撃力のキャップが150まで引き上げられたこともあり、敵潜水艦が強化されることも考えられます。
次回のイベントではヘッジホッグという新しい対潜装備の導入も噂されており、今のうちにできる対潜対策は早めに用意しておきたいところです。

そういった中で強力な対抗札となるのが先制対潜が可能な駆逐艦・軽巡になります。
具体的には
朝潮改二丁、皐月改二、文月改二、リベッチオや朝霜改といった駆逐艦
五十鈴改二、那珂改二、高練度の阿武隈改二といった軽巡
択捉や松輪といった海防艦
があげられます。

海防艦は対潜要員としてはすこぶる優秀(三点セットシナジーが狙えるため)ですが、装甲が低く、雷装値を持たないために水上艦に対しては力を発揮しづらいです。
そのため強力なボスが待ち構える海域の道中潜水艦対策としては使いにくいのが現状ではないでしょうか。

先制対潜について詳しくは過去記事を参照してください。
イベントボスの倒し方~④対潜水艦のいろは
皐月や文月などの駆逐艦は大発動艇を装備することもできるので、札を気にしなくてよい丙難易度では育てることをおススメできます。
また、先制対潜爆雷攻撃を行える駆逐艦を何隻用意できるかが乙作戦突破の1つの鍵になるようです。
艦娘・艦隊関連一覧に戻る




堀で周回する際の低燃費艦は足りたか?

イベントでは毎回豪華なドロップ艦が設定されており、海域突破後も資材をやり繰りしながらと思います。
私も17夏には自身の掘り作業の傍らE1~E4のオススメ堀り周回編成などを考えさせてもらいましたが、低燃費で掘りを行えるということはそれだけ試行回数を増やすことに繋がりますので、重要なことだと思います。
私自身、17夏イベでの堀り作業中に何度古鷹と加古を育てていなかったことを後悔したかわかりません。雲龍型もほしかったです。
その反省から17秋ではバッチリ雲龍葛城を掘りましたし、古鷹加古衣笠青葉も育てておきました。


掘りに割く時間が足りずに掘れなかった提督さんは仕方ありませんが、資材不足で掘り切れなかった方は古鷹型伊勢型といった低燃費艦を何隻か育成してみてはどうでしょうか?
低燃費艦

艦娘・艦隊関連一覧に戻る




大発動艇を装備可能な艦娘は足りたか?

17秋イベでもE2とE3に於いて輸送作戦がありました。
今回は新艦娘の対馬や、イベント限定艦の春日丸などがドロップ艦として設定されていたので掘り作業と割り切って周回することも考えられましたが、できれば資材へのダメージを減らすためにもできるだけ一度の輸送量は多くしておきたいです。

また、今回は陸上型の深海棲艦が出現しませんでしたが、大発動艇はこれらの深海棲艦を相手取る際にも切り札となりうる装備です。
特に砲台小鬼は三式弾特効が存在しないため、大発動艇がない場合には打ち漏らしてS勝利を逃すパターンが多くなることが予想できます。
大発動艇系特効装備を装備した駆逐艦の夜戦連撃は、陸上型へのフィニッシャーになりうる火力を秘めますので、三式弾を装備した重航巡と並んで対地戦闘の勝率を高めてくれます。

輸送系の用途では睦月型の改二艦が燃費もよく優秀で、また対地戦闘においては霞改二、江風改二、大潮改二、荒潮改二が頼りになります。
霞改二、江風改二は比較的高い練度(75)が、大潮荒潮は65と改装レベルが低く大発動艇自体を持参するものの改装設計図が、それぞれ必要となるために各々の鎮守府の実情に合わせて育成する艦を決めてもらえばと思います。
大発艦

艦娘・艦隊関連一覧に戻る




艦娘の練度、及び改二実装艦については改装は十分だったか?

私はあまり艦娘の練度を気にする方ではないのですが、それでも最低限改二艦実装艦については改装レベルまではレベリングをしてあげるべきだと思っています。
イベント直前であれば戦艦や正規空母は一度の改装で十分戦える、とおすすめできますが、さすがにイベントが終了したばかりの今ではそれは通用しません。
改二艦は改状態から大きく強化される艦娘も多く(飛龍蒼龍などはかなり化けます)、次のイベントを見据えるならば積極的に改装していきたいです。

とは言ってもやはり戦艦や正規空母は通常海域に出撃するだけでもりもりと練度が上がっていきますので、演習や、3-2-1などのレべリングを行う必要はないでしょう。
3か月あれば、あの娘もこの娘もと移り気をしなければ普段の出撃で十分改二必要練度を達成することが出来るかと思います。
また、改二への改装後には近代化改修をお忘れなきよう
艦娘・艦隊関連一覧に戻る




装甲空母は着任していたか?

必須ではありませんが、いればイベント海域での活躍が約束される艦種それが装甲空母です。
17秋イベではE3第3ゲージを機動部隊で攻略することがセオリーとされていた上、ルート制御の条件に装甲空母は正規空母枠に含まれないという措置も取られていました。
また道中に姫級の敵が出現したため、ボスまで無傷でたどり着くことは容易ではなく正規空母や軽空母ではボス戦で中破していて置物に、という状況に出くわした提督さんも多いのではないでしょうか。

装甲空母は他の空母と異なり中破でも昼砲撃戦に参加できるだけでなく、高い火力も相まって非常に強力な艦種といえます。
現在入手可能な装甲空母は4隻、うち大型建造を必要としないのは翔鶴・瑞鶴の五航戦姉妹、また試製甲板カタパルトというアイテムを必要としないのは大鳳となっています。サラトガ?知らない子ですね。

翔鶴・瑞鶴は今回のイベントでお迎えできた提督さんも多いのではないでしょうか。
彼女らは88、または90まで育てることで装甲空母へとコンバートが可能です。
改装設計図や試製甲板カタパルト、高い練度など要求されるものは多いですが非常に強力で、素直に育成をおススメできる艦娘です。
試製甲板カタパルトは聞き覚えのないアイテムかと思いますが、翔鶴瑞鶴を育てていると出現する任務をクリアすることで2つ手に入れることが出来ますので安心してください。
そのうちこの任務についても書くつもりです。

大鳳はLv1の状態から装甲空母の艦娘で、大型建造でのみお迎えすることが可能です。
有力なレシピとしては
4000/2000/5000/7000/1
4000/2000/5000/5200/1

のようです。
大型建造は非常に多くの資材を消費しますので、個人的にはお勧めできません(大鳳レシピ一回回すのにどれだけ遠征に行けばいいの…とか考えると怖くて回せません)が、回さないとお迎えできないのも確かなので判断は各提督さんにお任せします。
装甲空母

艦娘・艦隊関連一覧に戻る




明石は着任していたか?

当然過ぎてあまり話題にはならないのですが、イベントで個人的に最も堀りの優先度が高い艦娘は明石だと思います。
明石が着任することで装備・改修の項で述べる装備の強化(改修)が可能になりますし、使い方さえ間違えなければ泊地修理は入渠ドックが増えるようなものです。
イベント中だけでなく備蓄期間でもバケツの消費量が抑えられ、備蓄が容易になる点も見逃せません。

安定して丙作戦完走を目指したいけど明石が着任していないよ、という提督さんがもしいらっしゃいましたら、1-5などで明石掘りを行うことをおススメします。
艦娘・艦隊関連一覧に戻る






装備・改修関連

目次へ戻る

丙完走を目指す提督さん向け

◯艦載機(艦戦、艦攻、艦爆)の数は足りたか?
徹甲弾の数は足りたか?
三式弾などの対地装備は足りたか?
ソナー、爆雷投射機、爆雷などの対潜装備は足りたか?
ドラム缶などの輸送装備は足りたか?
陸攻は足りたか?
◯探照灯などの夜戦装備は準備できていたか?


丙完走より上、もしくはもっと楽に完走を目指す提督さん向け

大発動艇を持っていたか?
カタリナor二式大艇は持っていたか?
水上戦闘機は持っていたか?
岩本隊・付岩井隊などの強力な艦戦は持っていたか?
試製~砲といった強力な主砲は持っていたか?
徹甲弾・主砲の改修は☆4程度まで進んでいたか?
艦戦3種類(零戦21型熟練、岩本隊、付岩井隊)の改修は☆10まで進んでいたか?






艦載機(艦戦、艦攻、艦爆)の数は足りたか?

イベントでは空母機動部隊を用いての攻略を強いられる場面、また空襲マスで高い制空値を要求される場面がほぼ確実に存在します。

軽空母も正規空母も攻撃力と制空値は基本的に艦載機の優秀さに依存するため、上位の艦載機をそろえておくことは最も優先順位が高いかと思います。
私も流星改が足りずに熟練度の付け直しに時間をとられました…
とりあえずは過去記事のおすすめの数だけはそろえておけば問題ないと思いますが、今回のイベントで足りないなぁ、と思った提督さんはさらに開発することをおススメします。
艦載機

また、空母系の昼戦カットイン、戦爆連合が導入されてから艦爆の地位が大きく向上しました。
支援艦隊の仕様変更に伴って艦爆は支援艦隊に使われなくなった代わりに、本隊の空母に昼砲撃戦のメイン火力を任せる際の推奨装備になったと思います。
特に戦爆連合カットインは弾着観測射撃と同様に空母の装備索敵値が発動率に影響していることも示唆されており、索敵と命中を引き上げる艦爆を所持している場合には装備させることが増えたのではないでしょうか。

装備関連の過去記事もご参照ください。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~②最低限必要な装備とその数の目安
装備・改修関連一覧に戻る




徹甲弾の数は足りたか?
戦艦が高い攻撃力を存分に発揮するためには徹甲弾の装備が必須といっても過言ではありません。

昼戦で戦艦だけに許された高威力の徹甲弾カットインは敵戦艦を一撃で葬り去ることが可能です。
イベントボスの倒し方~補講④昼砲撃戦での必殺技―弾着観測射撃

水上打撃部隊では4隻以上の戦艦が一度に出撃することもありますので、最低でも4つは開発しておきたいです。
また、長門、陸奥、扶桑、山城の4隻を所持している提督さんは徹甲弾をもらえる単発任務が2つありますので、達成しておくことをおススメします。一式徹甲弾で検索!

装備関連の過去記事もご参照ください。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~②最低限必要な装備とその数の目安
装備・改修関連一覧に戻る




三式弾などの対地装備は足りたか?

今回イベントでは陸上型は登場しませんでした。

しかし、次回の18冬イベでは陸上型深海棲艦の登場が噂されています。(未確定情報、推測の域を出ませんが)
そこまで重いレシピでもありませんし、三式弾の数が足りていない提督さんは是非開発しましょう。
イベントボスの倒し方~⑤対陸上型のいろは
また、艦娘・艦隊関連での設問でも述べましたが、大発動艇を装備できる駆逐艦がいるかどうかで結構対地の決定力が変わります。
大発動艇は阿武隈を改二に改装する、もしくは最近導入された『輸送部隊の練度向上に務めよ!という単発任務で手に入れることが出来ます。
遠征での資源獲得量を5%上昇させる効果もありますので(というかこちらがメインの効果な気もします)、是非任務をこなすことをおススメします!

装備関連の過去記事もご参照ください。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~②最低限必要な装備とその数の目安
装備・改修関連一覧に戻る




ソナー、爆雷投射機、爆雷などの対潜装備は足りたか?

対潜攻撃力は、艦娘の素の対潜値はほぼ影響なく、装備に依存します。
以下の記事では更新できていませんが(すみません)、対潜攻撃力の上限が150まで引き上げられたため、多種類の対潜装備を組み合わせる際のシナジー効果がより重要になってきています。
イベントボスの倒し方~④対潜水艦のいろは
対潜支援

また、上位のソナー爆雷を所持している場合には、先制対潜に必要な艦娘の素の対潜値が低くなりより低練度で先制対潜が可能になります。
正直4式ソナーは3式ソナーが余ってきてから用意するくらいでいいと思いますが、3式ソナー、3式爆雷は数を揃えておきましょう。

装備関連の過去記事もご参照ください。
今からでも丙でイベントに挑みたい!~②最低限必要な装備とその数の目安
装備・改修関連一覧に戻る




ドラム缶などの輸送装備は足りたか?

ドラム缶は輸送作戦での初心者の強い味方です。
一週間に1つ資源の再利用という任務で簡単に入手ができ、駆逐艦や軽巡なら全員が装備できます。

また、効率の良い遠征の代表である北方鼠輸送、東京急行、東京急行(弐)でも10個まで要求されますので、毎週コツコツ集めていくのがよいかと思います。
装備・改修関連一覧に戻る




陸攻は足りたか?

初心者提督さんは今回この反省をされている方が多いのではないでしょうか。
なくても海域突破はできますが、余計な苦労しょい込むことになるのが陸攻です。
基地航空隊で陸攻を用いるメリットは多く、
①戦闘行動半径が大きい
②攻撃力が高い
熟練度が攻撃力に影響しない
④一部ボスに特効がある
⑤攻撃機なのに制空値を持つ

と多岐にわたります。

①についてはおそらく多くの提督さんが実感されているのではないでしょうか。
17夏イベのE7ではボスマス到達に9マス、その手前のダイソンマス到達にも8マスと長い距離が設定されており、陸攻が足りていない提督さんは苦戦を強いられたことは記憶に新しいかと思います。

また、私は③も大きな利点だと感じました。
流星などの艦載機を基地航空隊に用いた場合にはかなりの撃墜数が出る関係で、熟練度がすぐに剥げていきました。
艦載機の熟練度は攻撃力に大きく寄与するため、剥がれた熟練度は付け直さなくては非常に貧弱なダメージしか与えられなくなってしまいます。
基地航空隊に配置しなおすのにはボーキサイトを消費するし、1-1で熟練度付け直すのには燃料弾薬と時間も結構かかりますし…
この手間がイベント中は非常にストレスフルでした。

一方で陸攻は熟練度を付け直す必要がないので一度配置してしまえばそのまま補給を行うだけで連続出撃できます。
注意:熟練度による命中率等に関してはまだ検証中のため、熟練度を付け直すことが全く無意味だとは言い切れません
この2点が特に陸攻が優れている点ではないかと。
制空補助もかなり強いんですけどね
基地航空隊運用について必要なことはまとめてあると思いますので過去記事もご参照ください。
イベントボスの倒し方~⑨基地航空隊の使い方―狙いと役割
肝心の入手法ですが、96式陸攻は開発(秘書艦を正規空母、240/260/10/261) で、その上位互換である一式陸攻22型甲は任務『「一式陸攻」性能向上型の調達』で手に入れることが出来ます。

おそらく6機は欲しいかと思いますが、ここも各提督さんごとに異なると思うので必要な数を自分で設定してデイリー開発等で開発していきましょう。
陸攻

装備・改修関連一覧に戻る




探照灯などの夜戦装備は準備できていたか?
夜戦他

艦これのキモは、やはり夜戦による敵旗艦の撃破にあると思います。
そのため、夜戦の火力・命中率・カットイン確率を上昇させる夜戦装備の海域突破に寄与する割合は大きいです。

中でも夜偵と呼ばれる右上の装備は命中+10%、火力+5と非常に強力な装備です。
また、左下の照明弾は確実には発動しないものの、デメリットなしに味方艦隊のカットイン確率と命中率を向上させます。
左上の探照灯は装備した艦娘が敵に狙われやすくなるデメリットがあるものの、艦娘の耐久が1でない場合には必ず発動して味方艦隊のカットイン確率と命中率を向上させるうえ、比較的簡単な任務の報酬として入手が可能です。

これらの装備をまとめて持参してくるのが夜戦バカ川内改二(60)ですので、もし次イベント開始までに間に合うのでしたら育成を強くおススメします。
装備・改修関連一覧に戻る




大発動艇を持っていたか?

weapon068_2.png

艦娘・艦隊の項、また対地装備の項でも述べましたが、大発動艇はイベントの対地装備としてだけでなく、普段の遠征の効率向上にも役立つ、おそらく艦これ界で最も酷使されている装備だと思われます。

大発動艇はいくつあっても困ることはなく(大発動艇の上位装備への更新へ大量の大発動艇を要求されるため)、これを持参してくるあきつ丸をもとめて大型建造を回し続ける提督さんもいるとかいないとか…私です

大発動艇は阿武隈、朝潮、大潮、荒潮、鬼怒、由良などを改二に改装する、もしくは最近導入された『輸送部隊の練度向上に務めよ!という単発任務で手に入れることが出来ます。

6番目の海域である中部海域まで進めている提督さんは『強襲上陸作戦用戦力を増強せよ!』という任務でも1つもらえます。

また、あきつ丸は大型建造で
ZARAレシピ3000/4200/4200/2000/1
大鳳レシピ4000/2000/5000/7000/1or4000/2000/5000/5200/1

での小当たりとして建造されることがあります。

一度にたくさん集めるのは厳しい装備ですので、ゆったりとしかし確実に集めていきたいものになります。
装備・改修関連一覧に戻る




カタリナ(PBY-5A Catalina)or二式大艇は持っていたか?

weapon178.pngweapon138.png

これも基本的には基地航空隊に関する装備になります。
ボスマスまでに必要な戦闘行動半径が9マスで、96陸攻ではこれらの大型飛行艇の補助なしでは到達不可だった海域は今までにごまんと存在します。
18冬イベでも、史実での基地の場所と戦闘が起こった場所までの距離から考えると、ボスマスまでに必要な戦闘行動半径が9~10マスになることは十分考えられますので、どちらかを1つは所持しておきたいところです。

カタリナは単発任務戦艦戦隊、出撃せよ!の選択報酬、二式大艇は秋津洲改の初期装備として入手可能です。
秋津洲掘ったのにお迎えできなかったんや…
カタリナは次で述べる水戦とどちらかを選ぶ必要があるので注意です。
ちなみに私はカタリナを選んでおり、イベントではちゃんと活躍しています。
装備・改修関連一覧に戻る





水上戦闘機は持っていたか?

weapon165-ni.png


こちらも必須装備ではないですがあると非常に海域攻略と掘りが捗ります。
水上戦闘機は基本的に瑞雲などの水上爆撃機が装備できる艦娘に持たせることが出来る戦闘機で、艦戦と同じ式で制空値計算をします。
すなわち
対空値×√(艦載機数)+25
です。
この25が非常に強力で、あと少し制空値が足りない時や、輸送連合で空母が編成できないのに敵に航空戦力がいる場合などに痒い所に手が届く働きをします。

前々からその利便性は議論されていましたが、17秋イベE4では特に道中で撃墜されずに安定して高い制空値を発揮できる水戦の価値が大きく認められたと思います。

水戦の主な入手は単発任務戦艦戦隊、出撃せよ!の選択報酬、もしくは水偵からの更新になります。
私は17夏後必死で水偵の改修を行いました…
装備・改修関連一覧に戻る




岩本隊・付岩井隊などの強力な艦戦は持っていたか?

weapon153.pngweapon157.png

艦戦は小さめのスロットに積むことが多くなった現在ですが、まだまだ艦戦の対空値も重要性は落ちていません。
烈風が対空+10
なのに対して
岩本隊対空+12、索敵+3、命中+2、回避+4
付岩井隊対空+10、索敵+1、命中+1、回避+2

と圧倒的な性能差を見せます。

入手に関してはそのうちまとめると思いますが、他のサイトさんにがたくさん解説記事を書かれているので、岩本隊、付岩井隊、とそれぞれ検索してもらえればよいかと思います。丸投げすみません
装備・改修関連一覧に戻る




試製~砲といった強力な主砲は持っていたか?

いわゆる試製砲は、通常の主砲と比べて火力に優れるだけでなく、命中の+補正までついている優れものです。
入手が比較的容易なものとしては
weapon103.png

入手先:任務『戦艦「榛名」出撃せよ!』 または 『精鋭「第三戦隊」全艦集結せよ!』

weapon105_20170916210910174.png

入手先:扶桑、山城、長門の改二持参装備(要改装設計図)
でしょうか。
装備・改修関連一覧に戻る




徹甲弾・主砲の改修は☆4程度まで進んでいたか?

徹甲弾・主砲の改修は非常に重要な要素です。
今回のイベントで連合艦隊マップを体験した提督さんは、艦娘の攻撃が外れやすいことに気づいたかと思います。
実際に連合艦隊では命中率が低下しており、これを装備の素命中補正だけで補うことは難しいです。

しかし、徹甲弾・主砲は改修することで√(☆の数)だけ命中率が増加します。
☆4まで改修が進んでいれば命中率は+2%です。
これは一見小さい値に感じられますが、主砲と徹甲弾は全部で3つ装備しますので命中率+6%です。これは無視できません。

また、火力も増加し、大口径主砲は昼砲撃戦で1.5×√(☆の数)だけ火力が加算されます。
☆4まで回収が進んで入れば火力は+3、2本主砲を装備していれば+6です。
この値は艦娘の素火力に+されるため、キャップ前後補正を受けます。戦艦の場合はT有利で徹甲弾カットインが決まれば約11火力が上昇します。
敵戦艦や空母を残り耐久8など一桁残りで落としきれなかった記憶を持つ提督さんは多いと思います。妖怪ェ…
そんな時に主砲を改修していれば… となる前に是非主砲・徹甲弾の改修をおススメします。

オススメの主砲は36.5㎝砲です。ネジの消費も軽いですし、フィットする戦艦も多いですし、何より更新先が試製35.6㎝砲なので腐りにくいでしゅ。
装備・改修関連一覧に戻る




艦戦3種類(零戦21型熟練、岩本隊、付岩井隊)の改修は☆10まで進んでいたか?

特定の艦戦も改修の優先度は高めです。
艦戦は☆10まで改修をすることで対空が+2されます。
岩本隊は文句なしに対空+14と最強の艦戦になります。
また、基地航空隊に配備した際には☆10の艦戦は制空値が+8されます。
しっかりと基地航空隊の仕様を理解している提督さんはこの優位性を理解してもらえると思いますが、これはかなり大事な値です。

ここで今回の17夏イベでの私の体験談をひとつ。
私はそれぞれ☆10をひとつづつ用意しましたが、基地航空隊は零戦21熟練☆10で十分制空値は足りると思っていました。
が、E7 の空母夏姫マスに航空隊を飛ばす際、艦戦1+陸攻3で目的の制空状態に微妙に制空値が足りない妖怪に襲われまして、急遽本隊に装備していた付岩井隊☆10を航空隊に配備することで事なきを得ました。
正直艦戦の改修はネジの消費も改修消費装備も軽いものではありませんでしたが、この時はしっかりと改修をしておいて本当に良かったと安堵したものでした。


改修する際はまず零戦21型、もしくは零戦21型熟練の☆10を合わせて3つ作ることを強くお勧めします。
細けぇことはいいんだよ!とにかく21熟練の改修をしやがれ!
装備・改修関連一覧に戻る





資材・備蓄関連

目次へ戻る

丙完走を目指す提督さん向け

バケツは足りたか?
ボーキサイトは足りたか?
燃料は足りたか?
◯弾薬は足りたか?
鋼材は足りたか?
イベント前に慌てて自然回復上限をわずかに超えて備蓄していなかったか?

また、基本的な備蓄の心得をりふどらさんが動画にしてまとめてくださっています。
必見の価値があると思いますので、未視聴の提督さんは是非ご覧ください。




丙完走より上、もしくはもっと楽に完走を目指す提督さん向け

イベント開始前の自分の各資材の量を記録してあるか?
イベント中に一番減った資材は何か把握しているか?
イベント中に回復が難しい資材は何であったか?
一週間で自分の鎮守府がどれだけ資材を回復できるか把握しているか?
次イベの備蓄の目標は決まっているか?




バケツは足りたか?

バケツは最優先備蓄資材です。
イベント中に大量に消費するのにも関わらずどんなに頑張ってもすぐには溜らないためです。
私は今回のイベントでは1416個ほどの備蓄でイベントを迎えましたが、終了時には1157個になっていました。

結論から言えば300個ほどの備蓄で乙乙甲乙を完走できましたので、ひとつの目安にしてもらえればと思います。

また、イベント前にいきなりためることも難しいので、2ヶ月くらいかけてゆっくりと備蓄していくのがよいでしょう。
それでも毎日10個づつ溜めなくてはいけません…

次回は規模がどれだけになるかわかりませんので多めに見積もって600ほどあれば安心かと思いますが、一度一週間ほど毎日バケツがどれだけ増えているのか記録をとってみるといいです。
急激なレベリングなどを行っていると気づかないうちに収支が赤字になっていて、バケツが溜まらない!なんてことになるかもしれません。

デイリー任務の報酬でも6個はもらえるので、無茶をしなければ毎日黒字にすることは簡単だと思います。
そこから自分の次イベまでの備蓄目標を決めて、それに向けていつごろからバケツ集めを意識すればよいのか計画をたてていきましょう。
資材・備蓄関連一覧に戻る




ボーキサイトは足りたか?

ボーキサイトも備蓄優先度が高い資材です。
しかし、幸いバケツほど消費が激しくはありません。
溜めにくく減りにくい、これがボーキサイトです。
自然回復も燃弾鋼に比べると1/3で、東京急行のように一度に多くの資材を得られる効率の良い遠征がありません。

また、基地航空隊や空母機動部隊を運用しているとみるみると溶けていく資材でもあります。
あまり気にしていなかったけど知らないうちにボーキサイトが激減していた…なんて提督さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

節約のコツとしては航空戦・対空砲火の仕様を理解すること…なんですがややこしいので丙完走を目指す段階では気にしないでいいです()
気になる方は航空戦については軽くまとめておきましたので御覧ください。
イベントボスの倒し方~⑥制空値と制空状態による影響

溜めるコツとしては、寝る前に出す遠征をボーキサイト重視にすることです。
また、時間が許すならば防空射撃演習をひたすら回し続けるのも非常に効率が良いです。
ボーキサイト輸送、水上機基地建設、MO作戦などが有名どころでしょうか…

艦載機や陸攻の開発に、空母の建造・運用にと何かと備蓄期間でも消費しがちなボーキサイト。
足りなかった方は少し遠征のサイクルをボーキサイト寄りに変えてみてはどうでしょうか?
資材・備蓄関連一覧に戻る




燃料はたりたか?

イベントで一番消費が激しい資材は?
と聞かれれば多くの提督さんが「燃料」、と口をそろえて答えるのではないでしょうか。

実際超大規模だった17夏イベでは私は130000の燃料を用意しましたが、90000ほどしかなかった弾薬やボーキサイトをぶっちぎって真っ先に枯渇しました。3週間くらいかかりましたが

自然回復でイベントを迎えた提督さんの多くもまず燃料がなくなったのではないでしょうか。
しかし、幸いなことにバケツやボーキサイトと異なり燃料は比較的回復しやすい資材でもあります。

海上護衛任務、北方鼠輸送作戦、東京急行(弐)などといった遠征が燃料の回復を支えますので、これらの遠征は出現させておいた方がよいでしょう。

また、先ほどの動画でも「困ったら燃料」といわれているように、イベント前に何を溜めるか迷ったら燃料を溜めておけば無駄にはならないと思います。
資材・備蓄関連一覧に戻る




弾薬は足りたか?

弾薬は普段はよく消費しますが、イベントではあまり減らない資材でした。
しかし、17秋イベにおいて支援艦隊の編成条件が変更され、戦艦等の大型艦を多数使用する様になったため、弾薬の消費量が増えたように感じました。
従って、支援艦隊などもしっかり出して攻略していく場合には弾薬の重要度が以前よりも少し増した様に感じられます。

とは言ってもバケツ集めのための長距離練習航海や、燃料を集める際の海上護衛任務北方鼠輸送作戦でも弾薬は集まります。
また集中的に溜めたいな、という場合には東京急行があり、比較的回復しやすい資材であることもあいまってイベントでの備蓄優先度はそこまで高くありません。
他の資材とのバランスを考え、弾薬だけに備蓄が偏らないように注意しましょう。
資材・備蓄関連一覧に戻る




鋼材はたりたか?

足りましたね。
以上。

鋼材の不足の原因は基本的に建造のし過ぎです。そのためイベント中に不足することはまずないでしょう。
それでも足りない場合には…あまりお勧めできませんが警備任務、もしくは東京急行でしょうか。
また、どちらかというと注意すべきは鋼材の溜めすぎです。
東京急行系は非常に優れた遠征ですが、資材の重要度ごとに重みをつけるとしたら燃料+鋼材よりも燃料+弾薬のほうが有利になります。
すなわち無駄に鋼材を溜めるくらいだったら、多少燃料の効率が悪くても弾薬を溜めたほうが役に立つ、ということです。
具体的に言えば北方鼠輸送作戦は最強!ということですね(言い過ぎ

資材・備蓄関連一覧に戻る




イベント前に慌てて自然回復上限をわずかに超えて備蓄していなかったか?

自然回復上限を超えると資材は自然回復しなくなります。当たり前ですが…
自然回復しているうちは、燃料・弾薬・鋼材は1440、ボーキは480、一日に回復していきます。
自然回復上限をを超えて備蓄する、ということはこれだけの資材を捨てているということになります。

ですから、備蓄期間に自然回復上限を超えた日からイベント期間中に資材を消費して自然回復圏内に突入した日までの日数×1500程度の資材を超えた量を備蓄できない場合には、備蓄しているように見えて実は損をしているということです。

例えば、初めてイベントに挑戦する提督Uが、イベント開始3日前から自然回復上限を超えて遠征を行いイベント開始までに5000ずつ資材を備蓄したとします。
イベントが開始してから海域へ突入し、2日間かけて2000の資材を消費しましたが艦隊の装備が整っておらずE1突破が出来ませんでした。
3日目にアドバイスをもらい2000ずつ資材を消費して開発を行い、1000の資材を消費してE1を突破しました。

すると5000の資材を消費するのに費やした日数は6日、つまり自然回復圏内なら9000もの資材を回復できたことになります。
3日間必死で遠征した苦労は完全に無駄でしたね…(提督Uは実在しない空想上の人物です。人物ですったら人物です。)

上は極端な例でしたが、イベント海域に突入してからの資材消費が1500/日を超えない様ならば少し損をしている、ということは覚えておいて欲しいです。
イベントを攻略するときは一気に!と言ったところでしょうか。
資材・備蓄関連一覧に戻る




イベント開始前の自分の各資材の量を記録してあるか?

今回のイベントで、どれだけの資材を消費したのか、ざっくりとでもいいので自分で把握しておくことは今後の計画を立てる上で非常に重要です。

私の場合はアンドロイドのアプリを用いて資材量を記録しています。
17夏イベント開始時のツイートがこちら。



細かく記録をとるのが面倒な提督さんはイベント開始前のスクリーンショットをとっておくだけでも違うと思います。
私も次の項と合わせて次回のイベントのための基準にしていこうと思います。

資材・備蓄関連一覧に戻る




イベント中に一番減った資材は何か把握しているか?

これも記録をとっていることで解決できます。

17夏イベント終了時のツイートがこちら。


間違いなく燃料ですね。
また、ボーキサイトもギリギリ、弾薬と鋼材は少し余裕があります。
次回のイベントでは燃料、ボーキサイトを重点的に備蓄していけば大丈夫だな、といったように予定が立てられますね。
資材・備蓄関連一覧に戻る




イベント中に回復が難しい資材は何であったか?

これは提督さんごとに違うと思いますが、私はバケツです。
というかバケツは回復せずに減り続けていきました。
というのも、バケツを集める遠征よりも、燃料やボーキサイトを回復する遠征を優先していたからです。
それは私のイベント前の備蓄がバケツに偏っていたからでもありますし、ある意味予定通りの展開ではあります。

大切なのは、自分が回復しにくい資材、しやすい資材を把握して、それを踏まえた備蓄計画を立てることです。

たとえば、オリョクルが苦にならない提督さんは燃料はいくらでも回復できるでしょうし、キラ付けが得意な提督さんはキラ遠征で回復が素早くでき、また例えばボーキサイトをもらえる簡単な任務をいくつも残している提督さんはその分潜在的な回復力を残しているといえるでしょう。
自身の備蓄力を見極めて、それに沿った計画を立てられるようになると、資材不足で欲しかったあの艦やこの艦をお迎えできるようになるかもしれません。
資材・備蓄関連一覧に戻る




一週間で自分の鎮守府がどれだけ資材を回復できるか把握しているか?

これも記録をとることが一番です。
提督さんごとにライフスタイルは異なりますので、備蓄のペースもそれぞれになると思います。
時間があり、遠征に張り付ける方は備蓄が早いでしょうし、朝と夜しか触れないような方だとゆっくりとした備蓄になると思います。
ご自身の備蓄のペースがしっかりと把握できていないと、イベント直前になって備蓄量が足りずに慌てて遠征に張り付き提督に早々に赤疲労がついてしまうことも考えられます。

記録のとり方も提督さんによって様々です。
エクセルを使い管理する提督さんもいれば、私のようにアプリを使う方もいるでしょう。
また、寝る前に母港でのスクリーンショットをとるだけ、という提督さんもいるかと思います。
正直自身にあった方法なら何でもいいです。
今から7日間だけでいいので、毎日記録をとってみてはいかがでしょうか。
イベント開始前、どのくらいの期間から備蓄を始めればいいのかわかるとレベリングや開発を心置きなく行うことが出来ますよ。
資材・備蓄関連一覧に戻る




次イベの備蓄の目標は決まっているか?

備蓄の目標を定めることは実利的な面だけでなくモチベーションの維持にもつながり、効率よくイベントを攻略するのに有効な手段だと思います。
備蓄の目標を決めるためには次のイベントで自分が何を目標とするのかを明確にする必要があります。

例えば今回の17秋イベでは私は丙攻略記事用の録画+良い装備が取れる作戦難易度で完走+できれば掘り、を目標としました。
その目標のため、丙攻略記事用の編成を組むためにある程度の練度の艦娘と、丙攻略と自身の攻略どちらにも耐えうるような備蓄を用意しました。。
結果としては丙攻略記事もE4まで書ききる事ができ、自身も乙乙甲乙と攻略できたため、かなり満足の行く結果となりました。

他の方の例を出すと、その提督さんは私と同程度の(多分)提督さんで、乙~甲への挑戦を目標としているようでした。
ですが目標に丙攻略記事がないぶん私が備蓄を開始した段階でもレベリングを行っており、多くの艦娘を育成し、備蓄はそこそこ、といった形でイベントを迎えたのだと思います。
結果としては甲や乙で攻略を行い、私よりもかなり早い段階で乙乙甲乙と攻略されたようです。
堀りがどうだったのかは…どうだったのでしょうね?

また、17夏で印象に残っているのは、完走は十分早い段階からできたものの、想定以上のドロップ設定に対して堀りで思った以上に沼にはまり、資材が足りなくなって自転車操業、神経をすり減らしながら掘り続ける、というパターンです。
イベントが開催されたら突撃したくなる気持ちは非常に良くわかりますが、ストレスを減らして掘りまでしっかりと行いたいならば、掘れる艦娘・その確率、掘りやすいか掘りにくいか、一周当たりの消費資材、そして完走にかかるおおよその必要資材、などを明らかにしてから攻略と堀りの予定を立てることをお勧めしたいです。

今回のイベントにおいても、様々な考え方を持っていろいろ経験をした提督さんがたくさんいらっしゃると思います。
艦これはほかの誰かと競うようなゲームではありませんし、自分でたてた目標を達成できたなら、それで大成功といえると思います。

逆に、特にこれといった目標を持たずに、なんとなくイベントに臨んだ提督さんはあまり達成感を感じられなかったかもしれません。
目標は達成できなくてもいいのです。それが成長につながります
より艦これを自身が楽しむために、低くても、高すぎてもいいので自分で目標を設定し、それに向けて備蓄の目標を定めてもらえればなによりです。
資材・備蓄関連一覧に戻る




イベント情報関連

目次へ戻る

丙完走を目指す提督さん向け

情報がある程度でそろうまで出撃を我慢できたか?
ギミック解除情報・ギミック効果情報は入手できたか?
最短ルートを通る編成情報は入手できたか?
特効装備情報は入手できたか?
そもそも基礎知識が不足していなかったか?
昼夜ダメージ計算・カットイン条件
対地戦闘・対地特効倍率
対潜戦闘・ダメージ計算
制空計算・制空状態争い
艦娘のテンプレ装備・艦娘の並び順



丙完走より上、もしくはもっと楽に完走を目指す提督さん向け

目玉ドロップ艦のドロップする場所・ドロップ率の情報は入手できたか?
不確定情報に踊らされなかったか?
掘りを行う際の編成は燃費や到達率を意識したものだったか?
各海域の難易度別突破報酬は把握していたか?
ボスの耐久や装甲などのステータス、及び海域の難所・要求される制空値を把握していたか?
艦これで繰り返し問われる仕様を理解していたか?
対空カットイン・艦隊防空
支援艦隊装備・編成
基地航空隊運用




情報がある程度でそろうまで出撃を我慢できたか?

今回は前段作戦が1日目、2日目に後段作戦が開催される運びとなりました。後段作戦は少し遅れましたけど…

Twitterで日付別に提督さんたちの呟きを見直してみると概ね
全海域の札やルート情報に関して出始めたのがイベント開始から2日~
ギミックの情報がある程度出、ルート固定編成緩和条件(史実艦など、今回はレイテ沖海戦参加艦)が定まってきたのが3日~
各難易度で敵の制空値やボスのステータスがある程度でそろったのが5日~

といった形でしょうか。

また、先行勢の方たちは甲作戦での挑戦が多いためか、比較的丙作戦の情報は遅れて出始める傾向があるようです。

以外と私の周りの提督さんは早くて初日、遅くても大体3日目くらいにはイベントに突入していましたが情報を待って攻略することでかなりの資材を節約できると私は思います。

また、イベント開始から攻略開始までの間に備蓄を行えたことも海域攻略にも+に働いたと思います。
イベントを開始すると連合艦隊の運用、また海域への出撃で忙しくなるため資材の回復のための遠征が滞ってしまいますので、備蓄力も落ちていきます。

以降の項でも触れる各情報が、自分にとって必要十分にそろうまで出撃は控えたほうが、最終的には有利に立ち回ることが出来るでしょう。
イベント情報関連一覧に戻る




ギミック解除情報・ギミック効果情報は入手できたか?

今回は全ての海域にギミックがありました。
しかしどのギミックもボスマス・もしくはボスマスまでの新ルートの出現といった解除しないと著しく海域突破が難しくなる(ほぼ無理)なものでした。
その為ギミックの存在を知らないとまず完走自体が無理だったのでは無いかと思います…

ギミックには今回のような必須級の他に、敵の編成・ステータスが弱体化するものや、こちらの攻撃力が増加するものなど、あると便利といったものも存在します。
最近では必須級のギミックであることが多いですが、解除するしないの時点から選択できるような遊び心のあるギミックが増えてほしいものです…

ギミック解除の条件もこれらのギミック効果とともに流布されていたと思います。
今回反省すべきは、自身がそれぞれの海域を攻略する際にこれらのギミックの情報を把握していたか?ということです。

情報の速さではTwitterや掲示板が、情報のわかりやすさや正確性では攻略ブログさんやまとめサイトさんが非常に強力なツールとなります。

今回攻略情報をまとめてくださったサイトさんや、Twitterのアカウントさんは、次のイベントでも同じようにまとめていただける可能性がありますので、今回情報の入手に戸惑ったかたは今のうちにそういった方たちをチェックしておくといいかもしれません。
当ブログでもなるべく早くイベント情報をまとめられるよう挑戦していきますのでできればよろしくお願い致します。
イベント情報関連一覧に戻る




最短ルートを通る編成情報は入手できたか?

これは上記のギミック解除情報・ギミック効果情報は入手できたか?と共通する回答になるかと思います。
少し異なるのは、攻略サイトさんではおすすめの艦娘や具体的な編成例まで例示してくださっている場合が多いので、こちらの方がわかりやすいことではないでしょうか。

例えば、E3第1ゲージは栗田艦隊の艦娘を多く連れていくことで戦艦を2隻編成しても最短ルートを通ることが出来ること、第2ゲージでは16戦隊の艦娘を編成することで低速艦を編成しても最短ルート経由可能になることなどが発見されています。
ご存じだったでしょうか?

イベント情報関連一覧に戻る




特効装備情報は入手できたか?

今回出てきた装備による特効が確認された敵は、PT小鬼、になるかと思います。
特攻…といいますか命中向上補正、とでもいえばいいのでしょうか、とにかく、駆逐艦に小口径主砲と機銃もしくは熟練見張り員、と組み合わせて装備することがテンプレとなっていました。
PT小鬼はこれ以外では支援砲撃で特異な回避能力を発揮しないことも知られていましたが、おおよそ対策をとっていない艦隊ではかなりの苦戦を強いられたものだと想像できます。

しかし、PT子鬼は17夏の時点で対抗策がかなりまとめられていたため、そこまで脅威ではなかったものと考えられます。
初心者の方は、既存の情報については質問するだけでなくGoogleなどで検索をかけていただければ歴戦の提督さん方がわかりやすくまとめてくださっている情報に出会うことが出来ると思いますので、情報の正確性という意味でも自分で検索もしていただければと思います。

また、18冬イベ以降では今までにない敵が出現することも考えられます。ツ級やレ級のフラグシップとか考えたくもないですが…
新型の敵の一番恐ろしいところは、どのように対策をすればよいかがわからないところです。
どんな敵が来ても大丈夫!というような提督さん以外は、新型深海棲艦が登場した場合には少し踏みとどまって情報収集に努めることをおススメします。

情報はTwitterか掲示板が早いと思いますが、正確性に欠ける部分もありますのでRT数などではなく、きちんとデータや画像が添付されているかどうかで信頼性の高い情報かどうかを判断するべきでしょう。
イベント情報関連一覧に戻る




そもそも基礎知識が不足していなかったか?

艦これ通常海域の2-4は難関といわれていますが、実はここまでは割となんとなく強そうな艦娘やオススメされる艦娘を並べておけば突破できてしまうところがあります。
それに対してイベントでは、E1から提督たちの艦隊運営能力を様々な観点から試してきます。

昼戦と夜戦の仕様は理解しているか、対陸上戦闘の仕様はどうか、対潜戦闘は?制空権・制空値については?艦娘達の装備や並び順についてはどうか?

運営はこれらの問いの出題者、提督たちは解答者、といえるでしょう。
艦これのイベントは、運営から提督たちへのいわゆる【定期試験】なのです。

今回、丙作戦においてE4までに「何周しても突破できない…」という経験をした提督さんは、上に挙げたうちのどれかで赤点、もしくは及第点ギリギリをとってしまったものと考えられます。
次のイベントまで時間のある今のうちに、これらの知識を仕入れるだけで、より艦これを楽しめるようになるのではないかと思います。私は少なくともそうでした

このブログでも「イベントボスの倒し方」シリーズとして記事を執筆中ですが、できるだけわかりやすく、難しいところはなるべく省いて、必要な情報をまとめていくつもりですので、参考にしていただければ幸いです。
以下に上記に当てはまる過去記事を掲載します。興味のある方は御覧ください。
昼夜ダメージ計算・カットイン条件
イベントボスの倒し方~①ざっくりとしたダメージ計算
イベントボスの倒し方~補講④昼砲撃戦での必殺技―弾着観測射撃
イベントボスの倒し方~②夜戦のざっくりダメージ計算と昼戦との違い
対地戦闘基礎
イベントボスの倒し方~⑤対陸上型のいろは
対潜戦闘基礎
以下の記事では対潜攻撃力キャップが150に上昇になったことに対応できていません。が、基本的な考え方は変わりません。早めに直します。
イベントボスの倒し方~④対潜水艦のいろは
制空値・制空状態-航空戦基礎
イベントボスの倒し方~⑥制空値と制空状態による影響
装備テンプレ-全ての基礎
イベントボスの倒し方~⑦艦娘の装備の基礎(テンプレ)
イベント情報関連一覧に戻る




目玉ドロップ艦のドロップする場所・ドロップ率の情報は入手できたか?

イベントでは毎回、通常海域では邂逅するのが難しい(もしくはできない)艦娘たちがドロップ設定されます。
17秋で言うと雲龍、葛城、秋月、照月、春日丸、辺りだったでしょうか。

これらの艦娘と出会うためには、まず彼女らがどの海域のどのマスでドロップするのか、そしてその確率はどの程度なのか、ということを知る必要があります。

お目当ての艦娘のドロップする場所を知りたい場合には、Twitterを利用するとよいでしょう。
艦娘の名前で検索をかけると、どこどこでドロップしました!と画像付きの報告が上がっているはずです。

そして、確率の方はイベントが開始されてからしばらくするとpoi-statistics様、もしくは艦これ統計データベース(仮)のほうで統計がまとめられてきます。

どのマスでドロップするのかと、その確率を見ることでどの程度周回すればお迎えできるのかある程度予想することが出来ます。
掘りへの心構えをするためにも必要なことなのではないでしょうか。
イベント情報関連一覧に戻る




不確定情報に踊らされなかったか?

イベントではそれが高難易度であるほど不確定情報が多くなるように思えます。
ボスに装甲破砕ギミックがある、史実艦に特効艦がいる、艦爆特効がある、魚雷特効がある、制空確保するとダメージが上昇する、などなど…
決して情報の提供者が悪意をもって流しているわけではありませんが、これらの情報を鵜呑みにしてしまうと実は効果的でない編成に繋がってしまう可能性があります。

私自身も反省していくべき点ですが、イベント開始初期の段階では特に、情報の真偽を判断するためにしっかりと情報源やもととなったデータまで注意して確認する必要があるでしょう。
イベント情報関連一覧に戻る




掘りを行う際の編成は燃費や到達率を意識したものだったか?

今回はあまり堀りに力を入れてはいませんでしたので、17夏の反省をそのまま持ってきます。
17夏は私も初めて本格的に考えて掘りを行ったイベントでした。
と、いうのも17春イベにおいてはE1での13掘りを脳死状態で回し続けたことにより資材が枯渇し、結果として完走を逃してしまったからです。

結果として、海域攻略と同じくらい掘りの編成には頭を悩ませ、試行を重ねました。
そのなかでたどり着いたひとつの結論は、到達率と燃費のバランスを意識すること、でした。
例えば100%到達、S勝利できたとしても過剰戦力で臨んでいれば資材はあっという間に枯渇しますし、逆にいくら低燃費でも到達率もS勝利率も低ければ到底ドロップは望めません。

当ブログでもいくつか丙難易度で初心者の方でもまねできるような周回編成を考えさせてもらいましたが、
今回私が周回編成を考えるときに気を付けたことは
①戦艦は本当に必要なのか。また伊勢型ではだめなのか。
②空母は軽空母ではだめなのか制空過剰ではないか。艦攻はそのスロットでいいのか。副砲は?
③基地航空隊は本当に必要なのか。必要な場合でも陸攻を抜いて艦戦だけではだめなのか
重巡は軽巡に軽巡は駆逐艦に変えることはできないのか。潜水艦を利用することはできないのか。

といった点でした。

おそらく先輩の提督方はもっとたくさんのことに気を付けて周回されているかと思いますが、これらを気を付けるだけでもかなり編成を軽量化できたと思っています。

結果としてE4Lマスでの照月掘りの編成は燃費、汎用性、発展性共にかなり満足のいくものになりました。
艦これ17夏イベ E4丙Lマス基地航空隊なしで低燃費照月掘り!

また、もう1つ考えるのは、道中を安定性とボスでのS勝利安定性です。

例えば17夏イベントでのE5では道中の潜水艦と空襲が非常に殺意が高く、これに対応する必要がありました。
しかしながらボスや目的のマスでは戦艦夏姫や港湾夏姫が旗艦として登場したため、防空や対潜に気をとられすぎるとS勝利を逃すことも多かったようです。

ここで覚えておいていただきたいのは、道中を100%突破できるけれどボスS勝利が60%の艦隊と、道中突破率が80%だけれどもボスにたどり着ければ80%でS勝利できる艦隊では、後者の方がS勝利率が高いということです。

つまり道中とボス戦どちらかに偏って対策するのではなく、バランスよい対策をした方が結果的に最も効率が良い、ということです。
海域によっては徹底的にどちらかを対策した方がよい場合もあるかもしれませんが…
イベント情報関連一覧に戻る




各海域の難易度別突破報酬は把握していたか?

今回は難易度による報酬の差が比較的納得のいくイベントだったと思えます。
E1では乙型偵察機の熟練が、E3では東海が、E4では紫電改四が、難易度を上げることで入手可能でした。

現状では開発不可、入手経路がない装備が報酬になった場合には、できるならば難易度を上げることも考えると良いでしょう。
イベントでの報酬はなかなかその後配布されないことが多いので、強力な報酬な場合には多少無理をしてでも取りに行く価値があると思います。

報酬の情報に関してはWikiを確認するか、ある程度情報がでた時点でまとめられている攻略サイト様がいらっしゃいますので参考にするといいと思います。
【夏イベ】難易度別クリア報酬と作戦選択アドバイス【欧州救援作戦】 | ぜかましねっと艦これ!
イベント情報関連一覧に戻る




ボスの耐久や装甲などのステータス、及び海域の難所・要求される制空値を把握していたか?

把握していたか?などという設問になっていますが、覚えている必要は全くありません
要するにwikiやTwitterなどを通じてこれらの情報にアクセスすることが出来たか?ということです。

中でも制空値の情報は空母の装備に直に影響してきますし、ボスの装甲情報もフィニッシャーの装備を決定するのに必要です。夜戦連撃でいいのかそれとも魚雷カットイン艦でないと厳しいのか
wikiの情報は適宜更新されていきますので、自分が海域攻略を開始する際に参照して艦隊が編成できればよいと思います。


私は特にこれらの情報を重視していまして、イベントが開始されてからは主にこれらの収集に努めていることが多いです。
17夏に作成したまとめはたくさんの方に支持して頂き、海域突破の一助になれたのではと感じています。
今後も余裕がある際はこのようなまとめは作成していきたいと考えていますのでもしよろしければ参考にしていただければ幸いです。
17夏イベント各海域情報一覧
イベント情報関連一覧に戻る




艦これで繰り返し問われる仕様を理解していたか?

これはそもそも基礎知識が不足していなかったか?の上位の設問です。
上の項でも述べましたが、艦これのイベントは運営からの出題といえる側面があると思います。
よく期末試験などにたとえられますね。

海域という設問に対して、提督はどう解答していくのか。
これはイベントまでに積み上げてきた提督の知識と経験がものを言います。
例えば備蓄だけに力を注いできた提督はそれをもって試行回数で海域を突破するでしょうし、艦これのシステムについて勉強してきた提督さんはより有利な状態で戦えるよう考えながら海域を突破するでしょう。

例えるならばならば数学の設問に対して計算力だけを武器にひたすら計算を繰り返して答えにたどり着くのか、様々な公式や省略、文字式を駆使して解答にたどり着くのかの違い、といったところでしょうか。

確かに足し算と引き算がめちゃくちゃ得意な人ならば九九を覚えていなくてもゴリゴリ計算をすることで解答できるかもしれません。
しかし、もしも途中で計算間違いがあったら?解答時間が足りなくなってしまったら?そもそも計算をするためのスペースが足りなかったら?
いくら計算が得意だからといって、円周率や自然対数をその場で計算しだす人はなかなかいないでしょう。

それと同じです。
艦これも資材と練度の高い艦隊、強力な装備だけが整っていても、仕様を理解していなくては沼にはまってしまう可能性は大いにあります。

基本的な内容はそもそも基礎知識が不足していなかったか?の項で述べたつもりですが、より上を目指すならばこれらのシステムも学んでおいて間違いはないでしょう。
基地航空隊運用
イベントボスの倒し方~⑨基地航空隊の使い方―狙いと役割
支援艦隊装備など
下記の記事では17秋にて行われた仕様変更に対応できていません。装備例のみ参照頂けると幸いです。
イベントボスの倒し方~⑩支援艦隊の使い方―編成・装備テンプレ
艦隊防空・対空カットイン
執筆中。お待ち下さい。
イベント情報関連一覧に戻る


その他

目次へ戻る

丙完走を目指す提督さん向け

イベントを楽しむことはできたか?
時間は足りたか?
今回は完走できたか?


丙完走より上、もしくはもっと楽に完走を目指す提督さん向け

イベント中にTwitter等で仲良くなった人はいるか?
お迎えしたい艦娘はお迎えできたか?



イベントを楽しむことはできたか?

これが一番大事ですよね。
根を詰めすぎて楽しめなかったのではもったいないです。
私は勉強の成果が発揮でき、目標も達成できたため大変楽しめたイベントになりました。

提督ごとに楽しみ方はそれぞれだと思います。
沢山の艦娘をお迎えすることに楽しみを見出す方、自分の好みの艦隊とイベントに挑戦することに楽しみを感じる方、より高難度の作戦に挑戦することに達成感を感じる方、イベントでお祭り騒ぎになる艦これ界隈の雰囲気自体が好きな方、いろんな方がいます。

今回あまり楽しくなかったな、という方はもう一度振り返ってみてください。
新しくお迎えできた艦娘はいませんか?新しく学んだことはありませんか?新しく魅力に気づけた艦娘はいませんか?
例え課題が残ってしまったとしても、それはあなたが他の人よりももっと艦これを楽しめる時間が長いということだと思います。

イベントに直接関係ないところで言えば、私はブログ更新の際の作業用BGMとして艦これのたくさんの曲に出会うこともできました。
せっかく運営さんたちが一生懸命用意してくれるイベント、お祭りのつもりで楽しめるといいですね!
その他一覧に戻る




時間は足りたか?

もうこれは現実の生活にかかわってきてしまうので難しいところですね…
月並みな発言になりますが、今回の経験から、どれくらいの時間を空けておけばどの程度の海域を突破することが出来るのか逆算できるようになると今後のイベントではタイムマネジメントがうまくいくのではないでしょうか。

とはいってもぎりぎりになってから完走した提督さんも何人かいらっしゃるようなので(所謂逆RTA)、全くお薦めはできませんが準備さえできていれば完走は短期間でもできるようです。
その他一覧に戻る




今回は完走できたか?

今回は高難度のイベントとなりました。
今回完走できた提督さんは自信を持ってもよいのではないでしょうか。

また、完走できなかった提督さんも、今回は難しかったのであまり気にしなくてよいと思います。
ただ、せっかく挑戦したのですから目次から他の項も確認してみて、自分の課題を洗い出してみるのはどうでしょうか?
きっと艦これがもっと好きになりますよ。
その他一覧に戻る




イベント中にTwitter等で仲良くなった人はいるか?

あまり艦これの攻略に関係はないかもしれませんが…

私は毎回イベントを通じてたくさんの方とお知り合いになれています。
かなり先に初めて艦これ界をけん引していらっしゃる提督さんたちとも直接(?)お話をする機会もあり、たくさん助言もいただけました。
また、私と同じように最近艦これを始めた提督さんともたくさん相互フォローして頂き、イベントの掘りの愚痴を言いあったり、お互いに知らない情報を融通しあったりと非常に温かい雰囲気のなか、イベントを体験することが出来ました。

Twitterには悪い側面も確かにあり、めんどくさいところもありますが、遠くの顔も見たことない人が、実は自分とすごく気の合う提督さんだった、なんてこともよくあります。
決して必須ではありませんが、Twitter、始めてみてはいかがでしょうか?
別に私の事フォローして下さいって言っているわけではないですよ!
その他一覧に戻る




お迎えしたい艦娘はお迎えできたか?

100%できました!
という提督さんは少ないのではないでしょうか。

けれども逆に新しい艦娘がひとりもお迎えできなかった、という提督さんも少ないのではないでしょうか。

1年後、2年後になるかはわかりませんが今回お迎えできなかった艦娘はまた必ず登場します。
それも今回よりも高い確率で、簡単なマスでドロップするかもしれません。

今回もしお迎えできなかった艦娘がいたとしても、お迎えできた艦娘を大事に育ててあげていれば、いつか必ずまたお迎えする機会は訪れます。
それまでに艦隊をじっくりと整えておけばよいのです
まずは無事に帰ってこれた自分のお気に入りの艦娘達をひとりずつ撫でまわしていたわってあげてはいかがでしょうか。
その他一覧に戻る



まとめ

長かったですが結論をまとめると以下のようになります。
反省会1
反省会2
反省会3

反省会4

目次へ戻る

最後に、いつものを叫んでこの記事を閉めようと思います。

次のイベントでも、丙作戦で、完走しよー!
ありがとうございました。

最後に、この記事は基本的に2つのwikiの情報をもとにまとめを行いました。ありがとうございます。
艦隊これくしょん―艦これ―攻略wiki
Kantai Collection ENGLISH WIKIA
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments - 2

一般提督  

朝潮ちゃんは大発を持ってきてくれません(´;ω;`)ウッ…

2018/01/09 (Tue) 09:22 | EDIT | REPLY |   

浦之  

Re: タイトルなし

> 朝潮ちゃんは大発を持ってきてくれません(´;ω;`)ウッ…

ご指摘ありがとうございます。
対象提督さんたちでの朝潮の牧場は考えていないため、任務で入手できる大発動艇も持参装備として含んでいます。
誤解を招く表現となり申し訳ありません。

2018/01/09 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。